”あおり運転”する人の心理と回避方法

最近テレビで世間を騒然とさせた「あおり運転&暴行事件問題」。

なんでこんな人達が車を運転する権利があるんだろうと、とても疑問に思いますし、胸が苦しくなる思いです。

車を運転する人は、誰もが大なり小なり”あおり運転”された経験があるのではないのでしょうか。

私も軽自動車を運転しているのですが、あおり運転されたことがあります。

また、それとは逆に、自分があおり運転をする側になってしまった事はないでしょうか。

この記事は、あおり運転をする人が少しでも少なくなり、安全な車社会になって欲しいという思いを込めて、作成しております。

ぜひ最後まで読んでいただけると幸いです。

“あおり運転とは”何か。

あおり運転(あおりうんてん)は、道路を走行する自動車自動二輪自転車に対し、周囲の運転者が何らかの原因や目的で運転中に煽ることによって、道路における交通の危険を生じさせる行為のこと。(出典 https://ja.m.wikipedia.org/wiki/あおり運転)

具体的には、

  • 車間距離を詰める
  • 幅寄せ蛇行
  • 運転前に回り込んでの急ブレーキ
  • クラクションでの威嚇
  • 必要のないハイビームやパッシング

などが挙げられます。

あおり運転する人の心理

匿名感と安心感

似たような車が周りをたくさん走っていると、何故か自分の事は特定されないだろうと勘違いする人がいるようです。

車にはナンバープレートが付いているため、実際には簡単に特定されるのに・・・と思いますけどね。

また、鉄の塊に覆われている車に乗っていると、”自分は守られている。””自分は強くなった”と勘違いをしてしまう人がいるようです。

この匿名感と安心感により、過激な運転・行動をしてしまうのでしょう。

大型車や高級車に乗ることによる優越感

大きい車や高級車に乗ると、

「自分はこんなにいい車、大きい車に乗っているんだから注目してほしい。」

「自分はこんなにいい車に乗ってるんだから特別扱いされるべき。」

と勘違いしてしまうようです。

あおり運転の回避方法とは

あおり運転されるのを回避する方法としては、

  • 自分以外の他の車の流れ(スピード)と可能な限り合わせる。

もちろん、法定速度超過はNGですよ。

  • バックミラーなどをこまめに確認し、後続車と自分が運転する車との車間距離が狭い場合、レーン変更や状況によっては一旦店舗などの駐車場へ入り、その後再度通常の道へ戻る。

このバックミラー確認は個人的にはかなり重要だと思っていて、私もかなりこまめに確認しており、後続車がなんか変な動きしてるなー。

と思うと、何か起こる前にとりあえず道路脇の店舗などへ一旦退避し、またすぐにレーンへ戻ります。

この方法はかなりオススメですが、バックミラーを見過ぎて、一番大事な前を向いて運転する事を忘れないでくださいね。

あおり運転に遭ってしまった場合はどうしたらいいの?

あおり運転に遭わないようにきちんと周りの状況を見ながら運転していても、残念ながら激しく煽ってくる人は当然いるのが実情です。

では、もしあおり運転に遭ってしまった時はどうしたらいいのでしょう。

まずは先程お話した通り、道路脇の店舗などへ退避しましょう。

ここで煽ってくる車がいなくなればいいのですが、 もしかしたら付いてくるかもしれません。そんな時は、

全てのドアをロック!窓は絶対開けない!

を徹底してください。

こちら側に非がないのに、話し合いに応じるのは絶対にやめましょう。相手はかなりイライラしているので、事件に巻き込まれてしまう可能性もあります。

そして、次にやることは

警察(110番)への電話です。

運転中に同乗者がいるならば、同乗者に110番通報をしてもらいましょう。

相手の車のナンバープレートが分かるようであればそれも警察へ伝えましょう。

もし、道路脇の店舗などへ退避しても相手が付いてくるようであっても、ドアロック・窓閉めし、警察(110番)へ電話しましょう。

自分が今いる場所が分からなくても、警察はGPSにより、電話をかけている場所を特定することが出来ます。

 

いかがでしたでしょうか。

あおり運転のニュースによって、最近はドライブレコーダーの問い合わせも増えているみたいですね。

あおり運転をしない、されないのが一番ですが、もしされてしまった時は自分で交渉しようとせず、必ず警察に連絡しましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です