耐震・制振・免震とは!?ハウスメーカー別の地震対策

地震大国日本。

住宅を購入を検討する際、ハウスメーカーの地震対策についてはしっかりと知っておきたいところ。

本記事では

  • 住宅における「地震対策の種類(耐震・免震・制振構造)とその特徴」
  • 大手ハウスメーカー毎の地震対策

についてご紹介していきたいと思います。

耐震構造・免震構造・制振構造とは

住宅の地震対策方法は「耐震・免震・制振」の主に3つあります。

耐震構造

(出典 株式会社住宅構造研究所)

耐震住宅とは、建物が揺れた場合に建物の崩壊を防ぐ住宅のことです。

イメージが良く分からない方はこうイメージしてみてください。

  • トラックの荷台→大地
  • 荷台の上に立つ人→住宅
  • トラックが走った時の振動→地震

トラックの振動に耐えられるように筋肉と関節をしっかりと鍛えて、足をガッチリ荷台に固定した上で、手足にしっかりと力を入れて踏ん張る。

これが耐震です。

少しイメージつきましたでしょうか?

現在の住宅については、どのハウスメーカーも耐震住宅となっております。

免震構造

 

 

 

 

 

 

 

免震住宅とは、建物が揺れた場合に揺れによる衝撃を逃がす住宅のことです。

先ほどのイメージでいうと、

トラックからの振動を身体へなるべく伝えないように、足元にちょうどいい硬さと厚みのあるクッションを用意して、その上に立つようなイメージです。

制振構造

 

 

 

 

 

 

 

制振住宅とは、建物が揺れた場合にその揺れをおさえる住宅のことです。

先ほどのイメージでいうと、

トラックからの振動を身体へなるべく伝えないように、足元にちょうどいい硬さと厚みのあるクッションを用意して、その上に立つようなイメージです。

大手ハウスメーカー毎の地震対策

積水ハウス

シーカス(地震エネルギー吸収システム)

(出典 https://www.sekisuihouse.com/smp/products/steel2/technology/sheqas/index.html)

特徴

シーカスダンパーが地震の振動を熱エネルギーへ変換して吸収する役割を果たしており、建物の揺れを最小限に抑えダメージを軽減する技術。

住友林業

GS(地震エネルギー吸収パネル)

 

 

 

 

(出典 https://sfc.jp/ie/tech/mb/taishin.html)

特徴

高剛性・高減衰ゴムが地震の振動を熱エネルギーへ変換して吸収する役割を果たしており、建物の揺れを最小限に抑えダメージを軽減する技術。

ミサワホーム

MGEO(エムジオ)

特徴

MGEOにはレーシングタイヤの開発技術から生まれた『高減衰ゴム』を使用。

地震などのエネルギーを熱に変換して逃がし、衝撃を最大50%軽減することが可能。

大和ハウス工業

エネルギー吸収型耐力壁「D-NΣQST(ディーネクスト)」

 

 

 

 

 

(出典 https://www.daiwahouse.co.jp/jutaku/technology/sigma/quakeproof/performance1.html)

特徴

MGEOにはレーシングタイヤの開発技術から生まれた『高減衰ゴム』を使用。

地震などのエネルギーを熱に変換して逃がし、衝撃を最大50%軽減することが可能。

ヘーベルハウス(旭化成ホームズ)

ハイパワードクロス

 

 

 

 

 

 

 

(出典 https://www.asahi-kasei.co.jp/hebel/technology/01h.html/)

特徴

斜材と横材の組み合わせによって座屈を抑えながら、中央連結部にある「制震デバイス」に地震力を伝え、エネルギーを効率よく吸収。

三井ホーム

モノコック構造

 

 

 

(出典 https://www.mitsuihome.co.jp/sp/lp/jikken/strong/)

特徴

モノコック構造は、基本となる枠組と、面材で形成された6面体で床面・壁面・屋根面を構成した堅牢な構造。

地震の際にも家全体で力を分散し、揺れを抑えて高い耐震性を発揮。

パナソニックホームズ

パワテック

 

 

 

(出典 https://homes.panasonic.com/common/feature/technology/taishin.html)

特徴

頑丈で耐久性に優れた鉄骨と、独自の構造技術である「パワテック」を採用。

大地震にも繰り返し発生する地震にも強い強固な構造体を実現。

一条工務店

ツインモノコック構造

 

 

 

(出典 https://www.ichijo.co.jp/technology/element/twinmonocoque/)

特徴

「壁」「床」「天井」を強力に結びつけた、強靭な箱型の構造。

巨大地震などの強い外圧を「面」でバランスよく受け止めることで、力を分散させ、高い耐震性能を実現。

トヨタホーム

パワースケルトン+T4

 

 

 

(出典 http://www.toyotahome.co.jp/tokutyo/resistant/)

特徴

制震装置「T4システム」を強靭な構造体「パワースケルトン」に組み合わせることにより、地震時の軽微な内外装の損傷をより低減。

まとめ

耐震技術に関しては各社考え方は違いますが、さすが大手ハウスメーカーだけあって、

どのハウスメーカーもしっかりと耐震実験を繰り返し、より安心・安全な家づくりを作ろうと一生懸命日々研究を重ねております。

当然ですが、住宅展示場に行くことで、各ハウスメーカーの営業さんが詳しい説明をしてくれます。

是非お時間があれば、是非足を運んでみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です